調理技能検定3級の取り組みと基本材料の切り方=サラダコンテスト

6月は学生たちにとってワクワク?する検定とコンテストがあります。

検定3級は野菜の切り方。大根、キャベツ、じゃがいも、

人参、きゅうり、ネギ…定番の野菜たちを基本に忠実に切っていきます。

皆、合格目指して自宅でも練習中のようです。

サラダコンテストは野菜の切り方+盛り付けで一人ひとりのセンスが光ります!

ドレッシングは班ごとに開発中!

おしゃれな作品が並ぶことを楽しみに!してます。

フードコーディネート論では食卓のコーディネートを学ぶ

子供の頃作った切り絵や折り紙を思い出したように

皆、無心になって作品作りに集中!

思い思いのデザインで文字や絵柄を表現。

ユニークな発想でなかなかの出来栄えでした。

隣の作品を見て「うーん、優しさ美しさが伝わってきた」

と普段と違う?繊細さにうっとり!

他にメッセージカード、アレンジフラワーなど

「ホスピタリティを学ぶ授業」もこれからあります、楽しみです!

始動した48期生の調理実習

調理実習室は礼に始まり、礼に終わる!ハイ!という元気な声が

学校内に響渡っています。

切り方の基本から始まり、西洋包丁、和包丁、中華包丁…使い方、異なる切り方を学び、

5月後半からいよいよ食材も増え、応用料理を皆、楽しんで学んでいます。

だんだんとレベルアップして行く様子をこれからもアップして行きますので

成長を見守ってくださいね!

令和元年になって初めての10連休

学校に慣れてきた頃に10連休というご褒美?のお休み。

さー、入学してから実習したことを忘れないためにお休み中の課題は

これ!「ゴールデンウィーク中の食事体験レポート」

旅先でのグルメレポート、都内名店を巡ってのレポート、

撮影等に挑戦しました。食を楽しみ、食を学んだゴールデンウィーク。

学内で発表会ではどんな体験談が聞けるのか、楽しみ!

初めての校外学習にワクワク!新入生研修会で学んだことがいっぱい

今回の新入生研修会に於いて貴重な講話と実演を体験し、

これからの学習の意義をより明確にすることができました。

「調理技術と人間性、どちらも大事」

「周りの人を幸福にすると自分も幸福になれる」

「あいさつが大事、コミュニケーションが大事」

と講演をいただきました。

学生達の感想は

「貴重な講話を聞き、人を大切に幸福にできる調理師になるため、

この一年を立派な調理師になるよう、努力します」

「午後の懇親会は西洋料理と和を取り入れたコース料理、

美しい料理、おいしい料理を食して心のこもったおもてなし、感動しました」

「調理師を目指して正解だったと感じています」

みんな、卒業おめでとう!

3月8日、川越のホテルにて卒業式、謝恩会が執り行われました。

こちらのホテルで活躍されている卒業生先輩の言葉もとても素敵でしたね。

保護者、来賓の皆様に見守られ、いつになく?緊張した面持ちの学生たち。

数々の表彰の中で、一年間努力したことがそれぞれの胸に

よみがえってきたのではないでしょうか?

いっぱい自分を褒めてあげてくださいね❤︎

講師の先生、職員にもたくさん思い出をありがとう!いろいろ…^_^

あなたたちの成長をこれからも応援しています。

西武調理師47期生として自信を持って色々な場所で活躍することを願っています。

時々様子を知らせてくださいね、待ってます。

みんなでワイワイガヤガヤとハッピーバースディ!

前期4~9月生まれの学生たちが後期10~3月生まれの学生たちを

お祝いする後期・誕生会が開催されました

予算内でどんなメニューでお祝いするのかが腕の見せ所!

今回は、な・な・なんと2,5キロのパスタを茹で、

ガーリック、トマトソースでシンプルに味付け!これが絶品!

あとは野菜スープと、デザートのチュロス!

もうびっくりするほどのボリュームでお腹もいっぱい!

とっても楽しい時間を過ごすことができました!

もうすぐ卒業…みんなとお別れだ…この時間が過ぎなければ良いのに(;_;)

ファイナルステージをこのような形で 飾ることができて、幸せです!

いままで学んできた事をこの学校で形にする、本当に最後の日、

『47期生卒業料理作品展』が催されました。

たくさんの来賓・保護者の皆様に見ていただくことができ、大成功保護者でした。

個々に反省点はあるけれど、想い出に残る卒業料理作品展になったと思います(^ ^)

それぞれのテーマも「日頃の感謝」「三峰山花見特製弁当」

「花を楽しむ巻き寿司パーティー」など感謝や日本の四季をイメージして作品に仕上げました。

和、洋、中、たくさん手の込んだ作品が並びました!素敵でしょ?

最後はみんなで力を合わせて

日本料理の最終実習は会席御膳。

班ごとに役割分担を決めてサクサクと進めていきます。

終わった班が作業が遅れている班をさりげなくフォロー、

一年間学んできたホスピタリティの心がここでもキラリ☆と光りました!

八寸、お造り、焼き物、煮物、揚げ物、ご飯、香の物7品を御膳に盛り付けて、

教室にテーブルセッティングをして全員で最後の試食「いただきまーす!」

石井先生から「1年間で基礎となる技術が習得でき、

本日の各班の料理も味付けよし!盛り付けよし!作業工程よし!感動の授業でした」

というお言葉を頂きました。日本料理、そしてお品書きに添える和紙絵や折り紙まで、

日本の伝統など先生にたくさんのことを教えて頂きました。

一つ一つ大切に活かしてこれからも頑張ります!ありがとうございました!

ボリュームある中国料理、一年間たくさーん試食しました!!

中国料理の最終実習は伝説の料理、教化鶏(きょうかどり)を作りました。

一年間の集大成、学んだことを一つ一つ思い出して!最後の実習が始まりました。

丸鶏にしいたけ、たけのこ、高菜、生姜、豚肉等を詰め、土釜で包み、

オーブンで焼き、待つこと1時間30分(伝説はたき火です)

鶏を傷つけないよう優しくやさしーく土釜から取り出すと、

なんともいい香り!美味しい鶏の丸焼きが登場!それはそれは深く味わえる鶏料理!

間近に控えた卒業料理作品展で役立つ牡丹や蘭を表現した野菜の飾りきり、

浮き粉で作る花々も製作。ダイナミックな料理と繊細な飾りのコラボが素敵!

先生、一年間、厳しくも暖かな指導をありがとうございました!

良い思い出ばっかりです(^.^)

一年間、世界を旅した西洋実習も今日が最後…

西洋料理の最終実習は、魚介がたっぷりのブイヤベース。

特に寒かった今日にぴったり!心も体も温まりました。

こんがり焼けたフランスパン、クラッカー、

初めて食べる?!珍しい世界のチーズを頂きながら

「西洋実習も今日が最後か…」としんみり、いやいや、黙々と試食しました(*´∀`*)

入学して初めて、コックコートの着用を指導してくださった斉藤先生。

緊張している私たちに調理師となるための心得も丁寧に指導してくださいました。

珍しい世界の料理からデザートまで幅広く教えて頂き、

本当にありがとうございました。

これからも私たちの成長を見守ってください!

飾り付け、みんなの個性が光ります、ピカッ!

パテシェの先生の見事な技術に、目を輝かせている学生達。

ホールケーキとブッシュドノエルを実習しました!

ご指導をいただいた後は

スポンジ作りから飾り付けまで、今日、ケーキをプレゼントする人の顔を思い浮かべながら

みんなそれぞれのクリスマスケーキ作りに挑戦。

家族やお友達と一足早いクリスマスはどうだったかな?

自作のケーキは「おいし〜」「あまーい」だったよね〜!

お菓子、パンの実習も充実の一年でした。

一歩づつスキルアップするために。検定試験は自分への挑戦

「学内検定試験は自信を持ってトライすることが大切!

合格を意識するよりも失敗を恐れずに自分に挑戦してほしい!」

日本料理講師の石井先生からのメッセージ。

「学内検定試験でみんなの成長を見ることが教える立場の楽しみでもある」

という言葉もいただきました。

卒業までにもっともっとスキルアップします!先生、見ていてね!

特別実習 『中国の伝統食文化 おせちの前菜料理』を学ぶ

『油爆蝦ユーパオシャー』『芝麻牛肉チーマーニューロウ』に

トマトとネギの飾り切を添えて、こんなにおしゃれな前菜料理ができあがりました。

中国料理講師の甲賀先生から、2月の卒業作品展にむけて

たくさんのアドバイスをいただきました。

「お皿の選び方」「材料の色の組み合わせ」「お皿とお料理の盛り付けのバランス」等、

作品をつくる上での「心くばり=おもてなしの心」をしっかりと学ぶことができました。

いよいよ卒業に向けてより高度な技術をつけるため、ネギ、トマトに、フルーツ等の

飾り切ももっともっと練習してレベルアップしたいと思います!!

ホスピタリティマネージメントを学ぶ

今日は日本料理 講師の石井先生から『日本料理食文化史』を学びました。

膳などに添える『折り紙の技法』鶴や亀を折ったり、

お箸置きを作ったり、お品書きに華を添える『墨絵』も和紙に描きました。

筆を持って描くことは経験がなかったのですが、うーん、面白い!

楽しさと作品としての大切さを学びました。

集団給食はおいしく!見た目良く!スピーディに!

一食の金額400円の献立レシピ。

材料発注、検品、そして調理、盛り付け…学内模擬食堂を実習、体験しました。

麻婆豆腐、リゾット、豚肉生姜焼き等など班ごとに一食4品、和、洋、中を

バランス良く作り、出来上がった料理は味も見た目も良く仕上げ、

時間内に作ることができました。

限られた金額、時間のなかで「喜ばれる料理」を作る難しさとともに

達成感も実感した一日でした。

フードコーディネイトフェスティバル発表会です!

『コーディネイト』の授業で学んだことを『かたち』にして発表する

学生オリジナルの食空間の発表会『フードコーディネイトフェスティバル』が

ホテルの大会場にて開催されました。

今まで習得した技術に、それぞれのオリジナリティーがプラスされ、

すばらしい作品の数々が列んだこの日。

各自のテーマは『心温まる冬のおもてなし』『寿・父の還暦祝い』

『祖父母を招いて』『歌丸最後の笑点』等、

家族への感謝や趣味の世界を上手く表現していました。

審査員の先生方の評価は「個々の感性が豊か」「表現力が良い」「創意工夫がある」

テーマに込められた思いには「感謝のきもち」を感じるものもありました。

「最初は難しいと考えていたけれど、創っていくうちにとても楽しくなってきた」

との感想。充実した一日でした!

掲載写真はH・Iくんの作品。学生たちの投票でみごと一位に選ばれた作品です!

特別実習 『日本の伝統食文化 おせち料理を学ぶ』

12品目を手作りするので、この日は朝から一日かけてのおせちの実習。

金柑密煮、錦玉子、お煮しめ、栗きんとん、車海老つや煮、鰆けんちん焼き

伊達巻田作り、紅白かまぼこ、黒まめ、紅白なます、裏白椎茸を

一つひとつ丁寧に手作りしました。

みんなの感想、「たくさんの種類を作り、盛り付ける実習の楽しさを知ることができた」

「かばぼこを花に見立てる飾り切りが特に楽しく、美しく、いろいろと応用が利く

事も習い、とても良い勉強になった」等の声。

この日、各自が調理したものはお重に詰めて『お祝い膳』として

持ち帰りました。家族も一足早いお正月料理と共に、自分たちの成長を喜んでくれたようです。

調理を通じて日本の伝統やおもてなしの心を学んだ貴重な一日。

来年がもっともっと良い年になりますように、と願う実習でした。

12月8日(土)はオープンキャンパスでクリスマスを楽しもう!

クリスマスバイキングパーティに皆さまをご招待いたします

クリスマス料理をみんなで作ってたくさん試食してみて下さい

お友だちと、ご家族と、もちろんお一人でも楽しんでいただけます!

お気軽に参加してくださいね

アットホームな学校の雰囲気をぜひ!体験してみて下さい!!

参加お申込みはこちらのホームページ、またはお電話でお気軽にお申し込みください

高校生・社会人・大学生の皆さまへ!2019年4月生入学願書受付中!

西武調理師専門学校は、調理師のプロを目指す皆さまが

集中1年コースで専門的な知識と技術を身につけることができ

卒業時に調理師免許も取得することができます。

クラスは少人数制!まずは学校にお出かけください。

オープンキャンパスでアットホームな学校の雰囲気をぜひ!体験してみて下さい!!

学園祭! 準備も当日もみんなで楽しみました!

何よりもゲストの皆さまに喜んで頂けてよかった!

保護者、卒業生、入学希望者、近隣の方々など、

たくさんの皆様に来場いただき、学園祭を楽しんで頂きました。

来校いただいた皆様には『スイーツクラブ』『パンクラブ』が

作ったお菓子や焼き立てメロンパンを召し上がって頂いたり

コース料理もおもてなしさせて頂きました。

楽しい一日を皆さまとご一緒出来たこと、御礼申し上げます!

学生手作りの学園祭にぜひお出かけください!

今、学生たちはアイディアを出し合い、楽しい文化祭を企画しています!

11月17日(土曜日)10時30分~学園祭を開催します。

1日限り、学生たちのお店「ビストロセイブ」では

ワンコインでコース料理を召し上がっていただけます。

「スイーツクラブ」「パンクラブ」の学生たちが作る出来立てスイーツやパンも

試食していただけます。

授業で学んだこと、作品等も展示しますのでぜひぜひおでかけください!待ってます。

夏休みも学校でパン作りをたのしく学んでます!

『Happy手作りパンクラブ』は少人数制の楽しいサークル。

先生を同じテーブルで囲んで近くで技術が学べる最高の環境!

今日も三種類のパンを実習しました。

参加した学生たちはメロンパンが大好き!

クラブに入ったきっかけは「既に実習で学んだメロンパンの他にも

いろいろなパン作りを体験をしたいから参加しました!」とのこと。

他にも『Sweetsクラブ』など、大好きな事を学生達が

もっともっと学べるステージがあります。みんなでたのしく学びましょ!

今日は特別実習!一般的な紅茶から高価な紅茶まで体験

国際的に活躍されている紅茶マイスター・ティプランナー添田真実先生から

「紅茶の概要と世界三大銘茶」「成分と効能」「おいしい入れ方」

「テイスティング」等、深く学んだこの日、

紅茶をふかーく味わったことの無い学生たちも興味津々。

「やっぱり高価なお茶はおいしいな〜」…わかった?

これを機会にこれからもいろいろ飲み比べてみてね。

社会に出たときに役立ちますように!

夏休みは西武調理師のオープンキャンパス体験を!

毎日暑い日が続いていますね!

三年生はそろそろ進路を決める頃ですね。

自分に合った道を選ぶために

オープンキャンパスに参加することはとっても大切!

西武調理師専門学校では「夏休み集中オープンキャンパス」を開催しています。

人気のメニューが体験できるこの期間、ぜひぜひ、お友達と、ご家族と、もちろんお一人でも大丈夫!

講師、先輩がていねいに指導しますので安心して参加してくださいね!

少人数制のオープンキャンパスなのでゆっくり体験できます!

お待ちしてます!

今年もアイディアいっぱいのユニークな 作品が並びました!

入学して2ヶ月間、しっかり基礎を学んでいる学生たちが待ちに待った!

サラダコンテストの日。個人で発表するサラダ、班ごとに発表するドレッシング、

この数日間しっかりアイディアを練った学生たち。みんな、日頃の成果を発揮していました!

個人で1位に選ばれたのはN・Tさんの『大根ロール』

大根で野菜を巻いた透明感ある演出が評価されました。

2位はパーティーのクラッカーをイメージした遊び心いっぱいのM・Sさんの『お祝いサラダ』

3位は花びらをトマトで表現したH・Iくんの『椿(つばき)』

ユニーク賞M・Iさん、カッティング賞K・Sくんの作品もステキでした!

ドレッシング1位に輝いたのは1班の『にんじんドレッシング』

子供にも食べやすく…というみんなの気持ち、

優しさがドレッシングを美味しく仕上げたのですね!

残念ながら今回賞に選ばれなかった作品も個性豊かでステキでした!

ますますの技術アップ!に向けて頑張ろうね!

日本一のテーマパークで『ホスピタリティ』 しっかり学びました!

5月の澄み渡る青空の下、日頃のおこないのよい学生たちは最高天気に恵まれ、

この日は1日自由行動、キャストからホスピタリティ・マナー・食の提供など

サービスを学ぶ社会見学=勉強!しながらアトラクションや

人気のファーストフードも思いっきりクラスメートと楽しんできました!

充電OK!明日からまた、がんばる〜!

後日提出された校外体験レポートには『校外体験学習』の目的を

しっかり理解した学生たちのコメントが!みんなきちんと学習してきました!

楽しくて勉強になる体験の場をこれからも皆さんに提供しますので、たくさん学んでね!

行列ができる人気メロンパンに負けない!美味しいメロンパンに挑戦!!

先日の調理パンに続いて、今日はカリッ!フワフワ!のメロンパン実習の日。

なんだかみんなウキウキしてますね(*´∀`*)

だれからも愛される人気のメロンパン、西武調理のメロンパンも美味しい!と評判です。

オープンキャンパスにも毎年登場し、参加者にとっても喜ばれています。

三回目のパン実習なので、みんなコツもわかり、手際よく作業ができていましたね!

いよいよお楽しみの試食!熱々のメロンパン「美味しい!」「何個でも食べられる!」

どーぞ、たくさん召し上がれ!

『ハッピー!スイーツクラブ』は、もっともっと『スイーツ』を学びたい学生のためのゼミです!

スイーツを作ることも食べることも大好きな学生達が

少人数で講師を囲み美味しいお菓子&製パンの世界を体験する

ホスピタリティスクール『ハッピースイーツクラブ』が始まりました!

今日はフルーツロールケーキを作りました。

生地もしっとりときれいに焼けて、フルーツもバランス良く巻けましたね!

ゼミ初日はどうでしたか?「先生の近くでしっかり学ぶことができました!

そしてすっごく美味しかったです!

将来の夢?うーん、パテシエも視野に入れてがんばりまっす!」

今日は高級感あふれるハンバーグを作ります!

ハンバーグの黄金比、牛肉と豚肉5対5で混ぜて作るハンバーグ。

西武調理基本のハンバーグは特別な材料を入れていないのになんでこんなに美味しいんだろう??

ていねいにこねて、愛情もたっぷり入っているから、かな?!

バターで照りをだした付け合わせもメインのハンバーグを引き立てます!

あふれる肉汁にみんなウットリ!食べるのがもったいなーい!

でも「いっただきまーす♡」。

今日は製パンの実習!焼ける香りにおなかがグー!

パンを焼いたことがある学生もちらほら…。

今日はお客様に買って頂けるような本格的パンを実習しますよ!

美味しいパンを作るにはその日の天気を見ながら

温度湿度を調節して粉をこねる!などなど「そうなんだ!」と…

今日もとっても勉強になりましたね。発酵にも時間をかけてっと。

はい、焼き上がりました!焼きたてパンってすごく美味しい!

何個でも食べれちゃう(^^ )

わっ、フラワーアレンジメント、初めてなんですけど…

多くの学生が初めて体験するフラワーアレンジメント!

最初は戸惑った様子でしたが、基本の型に

差していくと「うん?なんか良い感じ!」「才能あるかも!」

みんなの個性が発揮され、それぞれ素敵な作品に仕上がりました。

みんなの顔が優しく見えましたよ〜。

これがホスピタリティ=お・も・て・な・しの心ですね。

お客様に喜んで頂けるために大切なこと、花のこと、音楽のこと、

今日も先生から楽しいお話をたくさん聞くことができましたね。

毎日元気な声が!すこ〜しは学校に慣れたかな?!

とんかつの脇役 千切りキャベツや、おさしみに添えてある大根のつま(かつらむき)

などなど野菜のいろいろな切り方(基礎)の実習が始まりました!

うん?かつらむき?できるかな?最初はみんなそうです!3㎝でも大丈夫!

すこーしずつ長さを伸ばして、慣れたら20㎝…30㎝…できたら楽しくなりますよ!

キャベツも大根もキュウリも心を込めて切るとこんなに美味しくなるんだ!

学生たちの感想です。「今日の実習は何だっけ?」「やったー!おにぎりだ」

料理は愛情!心を込めてにぎるとうーんとおいしくなりますよー!

中国、日本、西洋、それぞれの基本の切り方、名称を学ぶ!

三日間にわたり調理の基本の切り方を学びました。

野菜をきれいに切ることで、食感も味も変わってきます。

心を込めて研いだmy包丁で丁寧に切り始める学生たちは真剣そのもの。

さいの目切り、千切り、いちょう切り…中国、日本、西洋により

呼び方も違うので覚えることがたくさん…

でも大丈夫!1年間でしっかり身につきますから!頑張りましょう!!

入学して初めての校外での学び「新入生研修会」にドキドキワクワク!

4/17、ベルヴィザ・グランにて、調理師への意欲向上を目的をした毎年恒例の「新入生研修会」は

今年も有意義なものとなりました。

総料理長、本校卒業の調理師先輩、同行してくださった講師の方々から、学校生活の中で大切なこと、

技術習得、目標を持ち、進路を考えながら日々を過ごす等、いただいた言葉のひとつひとつに、

学生たちはとても良い刺激を受けた様子。

「とてもためになった」「目標を考えるよい機会になった」等の感想が学生たちから。

その後、待ちに待った西洋料理フルコースを嬉しそうに頂く学生たち。

「料理が本当に美味しかった」の声があちらこちらから聞こえました。

「学び」と「豪華料理」に胸とお腹がいっぱいになり、

幸せそうなみんなの顔、とても良かったです。

入学して最初にみんなで作る物!それは「パリのキッチン」クッキーです

先輩からレシピが受け継がれている、西武調理師伝統のクッキーをみんなで作りました。

仕入から焼き、袋詰めまですべて学生達で進めます。

クッキーはオープンキャンパス参加の方々や来校されたお客様にプレゼントします。

ほどよい甘さとさっくりとした食感が大好評。

さあ、初めての共同作業!できあがったクッキーをみんなで試食!

「焼きたてのクッキー、こんなに美味しいんだ」学生達、感激でした!

さあ!47期生の一年が始まりました!

実習もいよいよ開始!まずは基本中の基本包丁研ぎから始めます!!

入学式でmy包丁を受け取った学生達。これから一年間、分身として

そばで成長を見守ってくれる包丁を大切に扱う基本を学びます。

砥石も包丁研ぎも初めての学生達がほとんど。慣れない手つきですが、

包丁研ぎを習慣にすることで調理の腕もぐーんと上達します。コツコツ頑張ってね!

卒業おめでとう!卒業式・謝恩会、充実した一日でした!

川越のホテルで厳粛に行われた第46期生の卒業式。

良い緊張感の中、一カ年の努力が実り、無事にこの日を迎えられ、

学生たちはほっとした様子、とても良い笑顔でした。

午後からは感謝の気持ちを伝えるため、楽しい企画を考えた学生たち主体で謝恩会が始まりました。

出席頂いた卒業生、講師の先生方、保護者の方々へ手書きのメッセージを添えて

感謝の品々を送り、ジュースで乾杯、歓談、そして思い出を語りながら会食へ。

あっという間に楽しい時間が過ぎました。

みんなの近況報告、楽しみにしています。いつでも新所沢校へお出かけくださいね!

今年度の卒業生第46期生から素敵な蘭が学校へ届きました!

今年度の卒業生第46期生から、「校長先生、講師の先生方、職員の皆様へ、
いままでありがとうございました」と言う気持ちがたくさん込められた洋蘭が届きました!

先生達もとてもうれしかったです、ありがとう!

これからもずっと応援しています。また会える日を楽しみにしています(^_^)

Happy Birthday!楽しいひとときを過ごしました!!

卒業式を間近に控えたこの日、11月~3月生まれの学生たちの誕生日会が開催されました。

前回おもてなしを受けた4月~10月生まれの学生たちが、今回、イベントを企画。

ゲームや心を込めた料理、おしゃべりで盛り上がった楽しい時間もあっという間…。

それぞれの道で頑張ることになるけれど、46期生、気持ちはひとつ!

みんな元気でね (; ;)あれ?誕生会でしたよね(笑)。

またいつか、みんなでこんな楽しい時間が持てたら良いね!

人気ホテルバイキングと観劇を全員で!楽しい時間を過ごしました!!

さあ、今日は東京でベスト5に入る人気のホテルバイキングで勉強です!

料理の品数もすごい!ひとつひとつが美味しい!スタッフの動きにも感動!

お客様もみんな喜んでいる!社会人デビューも間近の皆、いろいろ学ぶことがありました!

それから大井町まで移動し、歴史的なロングランミュージカル「ライオンキング」を観劇。

とても良い刺激を受け、皆、感動!興奮冷めやらず、の様子。とても充実した一日を過ごすことができました!

第46期生の「卒業料理作品展」がおこなわれました

これからお世話になる就職先ご関係の方々、この1年で成長させて下さった講師の先生方、

そしていちばんそばで見守ってくれた家族の方々をお招きしたこの日、

学生達は最高のホスピタリティ〈おもてなし〉を表現しました!

試作を度重ね、実際に会場設定をして料理を並べた「プレ卒業料理作品展」等を繰り返し、

当日を迎えました。賑やかな会場に「盛りつけがきれい!」「美味しい!」の声が

あちらこちらで聞こえ、喜ぶ学生達。

来賓の皆様のプロ視点の感想にもしっかりと耳を傾け、心新たに胸を膨らませた様子、

とても頼もしく見えましたよ!これからもずっと応援しています!

70キロの氷の塊が見事な白鳥へ

この日は氷細工の先生をお招きして、

氷の彫刻が出来上がる過程を学ぶ『氷細工の特別授業』です。

料理の会場を豪華に演出するために飾る氷の彫刻は、

これから料理人を目指す学生たちにも深く関わってきます。

昨年の卒業生Eさんが、料理人でもあり、氷細工も習得された職場の

先輩とともに来校してくださり、お二人は見事な技術を披露してくださいました。

食空間を見事に表現!恒例のフードコーディネイトフェスティバル!

プレで繰り返し構想を練りなおした学生たち、本番の「川越東武ホテル」で行われた

「46期生フードコーディネイトフェスティバル・食空間アート」を立派にやりとげました!

学生、先生たちが一票を入れる「あなたが選ぶナンバーワン」で選ばれたのはNM君の作品。

紅葉を立体的に飾り、暖色で統一し、暖かさ優しさを表現した『紅葉の中で昼食』が選ばれました。

皆、授業で学んだ成果を充分に発揮したフェスティバル!

校長先生からの激励の言葉や、こちらのホテルに勤務している一年先輩からの

アドバイスなども聞くことができ、学生たちはとっても有意義な一日を過ごしました!!

中国伝統のおせち料理を学ぶ

活きた才巻きえびを唐揚げにして、ニンニク、ショウガ他調味料で味をつけた

「えびのレモン煮」と、牛もも肉を厚めにカットし、

醤油、ネギ、ショウガ他調味料でつけ込み、炒め、味付けをした

「牛肉のごま和え」を中国料理実習で学びました。

どちらも中国の伝統おせち料理の前菜にあたるものとのことで、

日持ちするよう、濃いめの味、また、素材にレモンの香りを残すために

先に柑橘の風味付けをし、仕上げもレモンをかけて!飽きのこないおせち料理が完成!

もちろん見た目も大切に!こんなに見事に飾り付けられました。

飾り付けが課題の学生たち!包丁の切れ味が最大のポイント!

包丁研ぎは日課ですね!

個性的な作品の数々、日本料理の特別実習「塩細工」です。

先日の日本料理実習「鯛の塩釜焼き」で使用した「塩」を再利用して作る塩細工。

その塩に小麦粉、水、顔料を加えて練り、形を作りオーブンで焼く、という工程で仕上げます。

今回の日本料理の特別授業では、思い思いに自由な発想で「箸置き」「小物」を作りました。

美術の授業を思い出して、皆、楽しそう。

いかがでしょう?大胆な作品と繊細な作品(*´∀`*)

中には野菜の細やかなディティールを見事に表現した作品も。

この箸置きや小物を使い、あなただけのテーブルコーディネイトができたらステキですね!

気分はXmas、テンションもmax!!

フードコーディネイトの授業でXmasリースを作り、

翌日の調理実習ではXmasケーキ、〈ブッシュドノエルとホールケーキ〉に初挑戦。

西武調理師の12月は毎日が楽しく賑やかです。

ケーキの基本、生地作りがなかなか難しく大変という学生たち。

デコレーションは各自、思い思いの自由な発想で、とてもステキに仕上がりました。

ご家族へのお土産として持ち帰り、ホームパーティー(^v^)

子供の成長に涙?!「家族に喜んでもらえました!」との報告も。

一足早い楽しいXmasとなったようです。

おせち料理でおもてなしの心、日本の伝統を学ぶ!

まもなく迎えるお正月に向けておせち料理を実習しました。

伊達巻、田作り、柿なます、きんかん甘露煮、八つ頭などのお煮しめ等、

お重を彩るおめでたい料理の数々を学びました。

おもてなしの心はお重の所々にちりばめられた繊細な飾り。

人参を五角形に切ってから梅の花の形に整える梅人参や

飾りかまぼこなどもたいせつな心遣いです。

各自が持参したお重の形に合わせて盛り付けながら、

あらためて日本の文化や伝統の技術を学ぶ喜びを感じた実習でした。

校外実習で、日本一の築地市場を見学しました!

真っ青な冬空、風は冷たいけど{{ (>_<) }}、楽しみにしていた食品学の校外実習で築地へ。

市場を知り尽くしたガイドの方に、築地の歴史から構造まで詳しく説明して頂いた後、

いよいよ市場見学!「水産部」「青果部」へ。

市場の広さや魚や野菜の種類の多さに、学生たちはびっくりした様子。

「珍しい魚や野菜を間近で見ることができ、名前も知ることができてとても勉強になりました」との感想。

築地から合羽橋道具街へと移動し、プロが使う道具類、最新の器具を手に取り、

説明を受けて、調理人としてスタートする自覚が更に高まったようです。

ファイナルステージ!技能検定1級に向けて頑張っています!

みんなの努力の結果が試される『技能検定1級試験』が目前に迫ってきました。

各自、今まで習ってきたことを放課後の調理実習室を使って、先生に質問しながら復習しています。

技能検定1級をクリアすれば自信もつき、社会人として羽ばたく準備もできますね。

ますます気を締めて頑張りましょう!合格に向けて!

集団給食、いよいよ実習にむけて!

12月の調理実習本番に向けて、調理の授業の一環としての「集団給食」実習が始まっています。

班ごとに「献立作成」「栄養計算」「原価計算」などの「調理マニュアル作成」「発注書作成」等、

プロの調理師になるために「提供する!」ことを踏まえ、学生達は真剣に取り組んでいます。

集団給食はチームワーク!!役割分担を考えながら効率よく実習が進んでいます。

今、学んでいることが社会に出たときに必ず役立ちますからね!本番に向け頑張りましょう!

学園祭にご来校頂いた皆様、感謝でいっぱいです!

台風が心配された10月28日土曜日でしたが、お天気も味方になり

『第46期生 手作りの学園祭』が無事開催されました。

二階には秋の和食処『西武亭』をオープン。来場者に喜んで頂けるように

学生達が考えたメニュー「巻き寿司、おそば、天ぷら、だし巻き焼き卵」でおもてなし。

廊下には日頃学んだ事を活かして作ったクイズラリー。

三階には授業の中で取り組んだ研究発表のポスターの展示、野菜果物のカッティング作品、

カッティング実演など学生達の思いがたくさん詰まった学園祭でした。

テーマ『みんなの気持ちを一皿に』、きっとみんなの気持ちが皆様に伝わった事でしょう!

日本の伝統的お菓子、和菓子を学ぶ

今日はおはぎと和菓子を学ぶ実習です。おはぎ、和菓子共ほとんどの学生が初体験。

おはぎは小豆を煮て、粒あんを作り、和菓子は無糖の白餡に砂糖を加え、

すべて基本から学びました。天然の着色を加えることで、

四季折々の自然の趣が表現できる和菓子、

懐石料理では主菓子として大切な役割を持っているとのこと。それぞれの料理に進む学生にとって、

とても興味深い授業だったようです。日々いろいろな体験ができ、

学生達も意欲的に前に向かって頑張っています!

食卓を彩るフラワーアレンジメントに挑戦。

12月に川越東武ホテルで行われる西武調理恒例発表会『フードコーディネートフェスティバル』

に向けて、造花を使ってフラワーアレンジメントを学びました。

6月に生花のアレンジメントで色彩やバランスを学んでいるので少し慣れている感じ!

『フードコーディネートフェスティバル』では授業で学んだことをどう活かし、

テーブルセッティングするかが試される場です。

ひとつひとつの授業を大切に学んだ成果、受賞目指してがんばりましょう!

12月2日(土)14時〜15時まで自由に見学できますのでどうぞ皆様お立ち寄り下さいませ。

場所は「川越東武ホテル2階『光琳の間』」です。

4月〜10月生まれをお祝いする誕生会を開催!

学生同士で祝い、祝われる恒例の誕生会が開催されました。

西武調理の教育理念である「ホスピタリティ」の心を学ぶ授業の一環でもあります。

本日のメインディッシュは、もてなす側が心を込めて作った「たこ焼き」です。

このたこ焼きにはおもてなし側の愛がいっぱい埋まっていました♥

明太子やお餅を入れて、味のバリエーションに工夫をして、みんな「美味しい」と万遍のほほえみ!

「心のこもったたこ焼きとプレゼントをありがとう!

今度は私たちが心を込めてお祝いします」とお礼のあいさつ。後半の誕生日会も楽しみですね!

野菜や果物を繊細な技術で彫刻する「カービング」の授業です!

カービングは東南アジアのタイ王国に古くから伝わる伝統芸です。

お祝い事など特別な日のおもてなしにお料理に華やかさを添えたりと、

さまざまな使い方ができるカービング。

この日はタイで技術を習得された講師の先生に特別レクチャーを受けました。

カービングナイフ1本で野菜やフルーツを彫りあげる先生の技に学生たちも真剣なまなざし。

さあ実践です!まずはカブで花を作ります。二回目の実習にも関わらず、

手先の器用さを活かし、先生に「素晴らしい」とお褒めの言葉を頂く学生も。

学生たちの作品は先生が生けてくださった生花のオブジェにコラージュして、

一つの作品が出来上がりました。その出来映えをご覧ください!

10月28日(土)の学園祭にも出展します。お楽しみに!

インターンシップを体験した学生たちの発表会です

講師の先生方が見守る中、夏休み中にインターンシップを体験した学生たちは、

それぞれ配置された職場で、学び、体験したことを5分という時間の中で発表。

スクリーンに映されたPowerPointで各自まとめたレポートを説明しながら、

みな堂々と数日間の体験をきちんと語っていました。

この時期に、料理を提供する喜び等、

社会経験をしたことはとても有意義だったようです。

生徒たちの感想は

「せっかくの貴重な機会なので一生懸命仕事を行いました」

「仕事をしている人は本当に大変だなと感じました」

「包丁の使い方、野菜の切り方をもっともっと勉強しなければと思いました」

「研修期間はとても疲れたけれど、丁寧に指導していただき、とてもありがたく、そして楽しかったです」etc…。

今回、ご指導ご協力頂きました、ホテル、病院、保育園、専門店の皆様には心よりお礼申し上げます。

いよいよ一週間後に日本料理2級検定試験です!

アジのさばき方と大根の桂むきが課題の2級検定を控えて、

また、夏休み中にどれだけ自主練習をしていたか、

学生たちのちからを確認する授業。先生の目が光ります。

休み中にきちん練習した学生は先生、わかりますよ〜、

基礎が出来ていますね!。毎日コツコツ復習しましょうね。

さあ、試食の時間。揚げたてのアジの味はいかが?

香味野菜を添えた、彩りも美しいアジとキュウリの酢の物も絶品です!

西武調理師の恒例「ポテトバイキング=ポテト料理研究発表会」開催されました!

愛される野菜ナンバーワン!のジャガイモを使って

各班ごとにメニューを決め、、時間内で作り、

先生、クラスメートの前でお披露目です。食材の組み合わせ、

味付け、隠し味など、各班ともオリジナルにかなりこだわりましたね。

お店で出したら人気メニューになりそうなものも!

食材の組み合わせで料理のバリエーションを広げるのは

料理人の腕の見せ所!今日も将来に向けて大切な事を学習しました。

日本料理、魚のさばき方第三弾!レベルもだんだんアップ!今日は穴子に挑戦!!

今日は穴子をさばいてみました。

目打ちをまな板にさして胸ビレ上から包丁を入れ、骨にぶつかったら、

そこから三角骨の身をおろし…と、順調のようでぬめりでなかなか思い通りにはいきません。

でも最初にしてはいい感じですよ〜。「魚の種類によって包丁の入れ方、

扱い方が違うんだな〜奥が深いな〜」が学生の感想です。

絶妙なたれの配合を学び、天ぷらにして穴子丼で頂きました!

肝も甘辛く煮てちゃんと頂きましたよ!

「初めて食べたけれど美味しい!」の声も聞こえました。

中国料理の伝統的技法を学ぶ

調理技能検定2級に向けて、「肉の下処理の仕方」

「魚(真鯛)の下処理の仕方」を学びながら

「酢豚」「魚の蒸し物」「チャーハン」を実習しました。

行程がいくつも重なる高度なレベルの内容でしたが、

少人数制の班構成の中、先生が一班一班丁寧に回ってフォローしてくださり、

皆、細やかな指導を受けることが出来ました。

チャーハンは今回で6度目、鍋ふりの技術もなかなかのもの!

形になってきましたネ!

日本料理、魚のさばき方第二弾でお刺身実習。ツマも芸術的!

魚を本格的におろすのは初めての人も多く、先生の手さばきに感激!感動!

さあ、次はあなたたちの番ですよ〜。今日は鰍(いなだ)とイカのお刺身です。

「思ったよりも柔らかく扱いづらいものでした」

「固いところ、柔らかいところがあり、均一に切るのが難しかった」との声。

でも技能検定3級合格で自信をつけた学生たちが大根の桂剥きで作ったツマは

こんなにきれいに出来あがりました。日頃の努力の成果ですね。

ツマとお刺身がお皿の上で引き立て合っていますね。

希望の職場を目指して!就職対策講座始まる!!

株式会社学研アソシエ様による「就職対策講座」が開かれました。

就職活動とは何か?社会への入り口、その先にある社会と自分への関わり方等をテーマに学び、

履歴書、自己紹介書作成などの実践学習も身につけました。

今後もより深く学ぶ「履歴書対策講座」「就職マナー講座」「面接

対策講座」へと続きます。

現在当校への求人依頼も150件以上集まっています。

全員就職100%を目指して頑張りましょう!

小江戸川越の老舗料亭「山屋」さんで学んだ会席料理は…

最高に美味しく、美しかったです!!

6/27(火)。小江戸川越「料亭山屋」にて会席料理を体験、学びました。

本川越駅を降りて徒歩10分ほどにある「山屋」は川越の人気スポットとして

大勢のお客様が来店する評判の日本料理店です。

初めて会席料理を体験する学生も何人かいて、テーブルに置かれた旬の食材のお品書きにワクワク!

そして次々に運ばれてくる心のこもったお料理に感激。料理長松野先生、本校卒業生の小池さんからも

後輩たちに励ましの声を頂き、有意義な1日を過ごすことが出来ました。

イタリアン!リングイネ・鰺マリネ、おしゃれですね!

西洋料理でも鰺をさばいてみました!

日本料理ではすでに体験した鰺を、今日は西洋包丁でさばいてみました。

同じ魚でも包丁が変わるとさばき方が若干違うことを体験。

さばいた鰺を油で揚げてトマトをベースにレモンで飾り付け。

飾りのレモン、見た目だけではなく、

揚げた鯖と相まって栄養価がアップするということも学習しました!

料理の組み合わせも意味があるんだなー奥が深いんだなー。

四季折々のテーブルコーディネイトを学ぶ

「春夏秋冬を季節ごとに表現する」を学びました。

食器、添え物、飾りの選び方や組み合わせで、季節がこんなに美しく表現できるんだ!

と感激!した学生たち。ここに自分の作った料理を盛り付けたら…

と想像の世界が広がったはず。次のテーブルコーディネイトの授業までに

自分が表現したいテーマを考えてくるという課題が出ました。

「9月の母の誕生日を祝うテーブルコーディネイトを考えます!」という学生も!

うれしくてお母さん泣いちゃうね!

西洋・中国・日本料理の「調理技能検定」3級合格に挑戦!

6月16日(金)・19日(月)・21日(水)の三日間、

西洋・中国・日本料理の「調理技能検定」3級の試験が行われました。

入学して学んだ事、徹底的に訓練した結果を出す日。

包丁研ぎの基本と、規定通りの切り方が課題の試験に臨んだ学生たち。

西洋・中国・日本料理の8種類の切り方をすべてマスターした人が合格です。

その日のうちに合格発表!合格者おめでとう!!合格証書授与。

努力したことは?「ひたすら家で復習、バイトしてからなので深夜の台所でコツコツとやりました」

「僕は朝練です、学校にきてひたすらキャベツを切りました」。

大変だったところは?「ジャガイモのシャトー剥き」、

「目が辛かったタマネギのみじん切り」等合格者代表KさんEさんの声です。

今後の目標は「2級合格です」「自信があります」とのこと!頑張ってください!!

人生初!今日はフラワーアレンジメントです!

「先生。僕フラワーアレンジメント、初めてなんですけど…」と、心の声が聞こえてきそうな

若干緊張の授業が始まりました。おもてなしの心「ホスピタリティ」を学ぶ授業です。

近い将来、就職先で、自分のお店をオープンする夢が実現したら…、

この授業、きっと将来に役に立つ!頑張ろう!ということで、

オアシスに生花を差し始めたら、「うん?以外と僕、センスあるかも」

という心の声が聞こえてきましたよ〜。皆さん大変よく出来ました!

麺打ち体験!芸術です!

今日はジャージャー麺を麺打ちから体験できる日!

間近で麺が打ち上がる様子を見られるので学生もウキウキです!

この小麦粉のかたまりが、先生の手にかかると統一されたこんなに細い麺に!すごい!!

味もちろん絶品です。

みんな大好き!本格ハンバーグ!実習します!

野菜の切り方を再度確認し自分のものにする!が目的でもある「ハンバーグステーキ」の実習です。

野菜を口当たり良く食べていただくための切り方や大きさの工夫、

人に優しい心遣い、ここにもホスピタリティの心が!

ハンバーグをふわふわジューシーに仕上げるコツを学び、

デミグラスソースの出来もなかなかのものでした。

添える野菜たちはソースで汚さないように!

先生の盛り付けに近づけたかな?

心、込めました!学生製作クッキーをどうぞ!

自主性や企画力を養うために、材料を仕入れ、焼き上げ、パッケージまで

学生たちが担当する『パリのキッチンクッキー』。

入学当初は焼きすぎてしまったり、生地の配合を試行錯誤したりと、

戸惑いもありましたが、すっかり慣れた様子です。

班ごとに思い思いの型を工夫して、製作する余裕も出てきました。

どうですか?最新のヒヨコバージョン。つぶらな瞳がキュートでしょ?

来校されたお客様、学校訪問の皆様にとっても評判が良いのです!

他では食べられない伝統の西武調理特製カレー、最高です!

今日は主にソースの奥深さを学ぶ、という授業でした。

ソースの種類の多さ、この料理にはこういうソースを

また、塩加減一つで微妙に味が変化するので繊細さが大切ということを学んだ授業。

さあ、いよいよ噂のカレー、作ります!西武調理師専門学校伝統の特製カレーってどんな味?皆興味津々です。

小麦粉から炒めてカレーを作るのはほとんどの学生が初めての体験。

インスタントとはまた違う美味しさにびっくり!の声が。

サラダは盛り付けにこだわる!美しさを学びました。

味、出来映え共、みんな満足!ですよね。

製パン実習、始まりました!

製菓〈シュークリーム〉はすでに体験済み!

さあ、今日は製パン実習です。サクサクしっとりにできるかな?調理パンと、

上手に巻けるかな?ロールパンを作ります!

何でもそうだけど、パンも種類が豊富で奥が深いので、

学ぶことがたくさん!学生たちも真剣にこねてこねて…

発酵のメカニズムが面白い!と意味の深ーい感想も聞こえました。

焼きたては美味しいね!という感想が一番多かったかな(^_^)

オープンキャンパス!開催中!

学校見学や実際の調理を体験するために、

皆さん真剣に!オープンキャンパスを活用しています。

今日のメニューはハンバーグとパイナップルバニラミントの香りのデザート。

まだ入学して間もない先輩たちも調理助手〈アシスタント〉として参加し、

体験者からの質問に答えるなど、和気あいあいと調理が進んでいきます。

進路を選ぶためには何でも体験することが大切!

西武調理は夏休みも充実したオープンキャンパスを企画しています。

ぜひ気軽に参加してみてくださいね!

入学初のコンテストに緊張?!

今日は西武調理師恒例の「サラダコンテスト」が実施されました。

班ごとのドレッシングコンテストと個人のサラダコンテストの2種目で競い合いました。

ドレッシングはいかに野菜に合うかが審査の基準。

しそと新タマネギのバランスが良かった4班が見事選ばれました。

さて、緊張のサラダコンテストの審査基準は技術、バランス、色彩、量等。

先生からの評価は全体的に技術の向上が見られる、とのこと。

まだまだ課題はありますが、やりきった充実感が感じられました。

さて、最優秀賞の作品、繊細さが高い評価を受けました。

惜しくも賞を逃したみんなも次回コンテストで頑張ってください!

校外に飛び出してホスピタリティ(おもてなし)を学ぶ

毎年恒例、日本一のテーマパークで「ホスピタリティ・マナー・食の提供」など

様々な視点でサービスを勉強することが目的の校外学習に行ってきました!

抜けるような青空と時折吹き抜ける海風!最高のコンディションの中、

学び、遊び?、みんな充実した1日を過ごしたようです。

アトラクション、お掃除、レストランなどで働くキャストの行動一つ一つに「なるほど」と感心。

学生たちにできるだけ多くの学びの場を提供し、

就職へ向けて、ステップアップしてほしいと願っています。

和・洋・中・製菓、着々と技術を学んでいます!

入学して3ヶ月目に…早いですね、月日の経つのは。

和・洋・中・製菓を体験し、自分の進みたい方向が少し見えてきたかな?

これからもっといろいろなことを覚えて行かなくてはね。

今日、習った技術を自分のものにしてね!今の努力が必ず将来役に立つからね!

困ったり、迷ったりしたらどんどん先生に質問してください!何でも教えますよ〜(^^ )

天ぷら「天弥」牛島先生に調理師の心得、プロの技を学ぶ

銀座の名店で修行され、新所沢に天ぷら専門店「天弥」を構える牛島先生に

来校頂き、修行時代のお話、独立されてからのお話などを伺いました。

調理師の厳しさ、楽しさを聞き、学生たちも心の変化があったように見えました。

お話の後、活きた鮎、ウニ等の珍しい天ぷらを目の前で揚げていただき、

普段味わえない?高級食材の揚げたてを「美味しい!」と頂く学生たち。

みんなもこうやってお客様に喜んでいただけるように、頑張りましょう!

人生初の経験? 包丁研ぎ

多くの学生たちが経験したことの無い砥石で包丁研ぎを習いました。

まず最初に包丁の種類によって研ぎ方が違うことを学習。

緊張の様子で包丁研ぎが始まりましたが、とにかく慣れ!

最初は焦らず丁寧に研ぎましょうね!

切れ味の良い包丁は違うな〜家のも研いでみようかな〜。学生の感想です(^_^)

調理師は食レポも大事!

入学して初めての連休。さー、気が緩まないように課題ですよ〜。

というわけで「GW中の食体験レポート」提出が学生たちに課せられました。

専門店に行った学生もいれば、「家族のために実習で学んだ料理を

作ってみました」という学生も数人…ご家族にとっても喜ばれたようです。

クラスメートでバーベキューも?!。

食でのコミュニケーションでどんどん親睦を図ってくださいね!

入学後、日本、中国、西洋料理をいよいよ体験!

基本の調理実習が始まりました。

日本料理では皮むき、中国料理ではそぎ切り、

西洋料理ではタマネギのみじん切りを体験。

みんなの緊張が伝わるほど、包丁の音だけが響く教室。

大丈夫!基本ができたら、きっと楽しくなりますよ!

実習の合間に笑顔が見られる日を待っています!

写真は随時アップ致します!お楽しみに

入学して一番始めに学生達が作るものは?

それはオープンキャンパス、学校訪問の方たちにお土産としてお渡しする「クッキー」です。

校内で「パリのキッチン」という名前で呼んでいます。

これはすべて学生たちの手作り。仕入れ、焼き、袋詰めまですべて学生たちで!!

入学したばかりの共同作業は仲間意識を持つことにも繋がります。

笑顔で楽しそうに作っています。

有名ホテル、プロのパティシエに学ぶ製菓!

初めての製菓調理実習ではお菓子の代表ともいえる

シュークリーム作りに挑戦しました。

いつも気軽に食べているお菓子ですが、生地を練り上げるタイミング、コツなど、

奥深さをこの日は学びました。

先生が作って見せてくださったタルトなど

あまりの美しさにうっとり!甘ーい香りに包まれた1日でした。

かご文字初体験!各自の個性が光ります!

フードコーディネーターの授業でかご文字を体験しました。

思い思いのデザインで文字や絵柄を表現。

ユニークな発想でなかなかの出来栄えでした。

これもホスピタリティ=おもてなしに繋がる授業です。

お料理を引き立てるアイテムとして使えるよう、更にクオリティをあげて…

先輩たちみたいに作れるようになってね!

4/18 総料理長、調理師の方々から技術やマナーを学ぶ!

『ベルヴィ ザ・グラン』にて新入生研修会「本格コース料理」を体験。

学生たちは入学して初めての、校外での学びにドキドキワクワク!

実際の料理の様子や総料理長からいただいた言葉のひとつひとつに、

学生たちはとても良い刺激を受けた様子。

一人一人が将来の目標について、考え、自覚を持つよい機会となったようです。

クラスもまとまってよいスタートがきれています。

これからみんなでいろいろな体験をしてがんばろう!

厳かな雰囲気の中、行われた入学式、包丁伝達式

4月7日、保護者、来賓の方をお招きして入学式が行われました。

学校長、講師の先生から心引き締まるお話を頂いた後、

新潟県出身の学生が代表でお礼の言葉を。

一年間学ぶ意気込み、高校時代の部活動で得た「チームワークの大切さ」と

「仲間への思いやり」を胸に、頑張ります!という力強い言葉。

続いてプロ用の包丁7本の伝達式が行われました。

包丁の重みとプロを目指すということへの重みを同時に感じた瞬間。

これから一丁一丁を用途に応じて使い分け、技術を磨いていきます。

卒業まじかには見違えるほどの包丁さばき!になっている?!

いや、必ずなっています!!先生たちも応援します!

2/27(月)は「Happy Birthday!あなたの誕生日、おめでとう!PARTⅡ」

2/27(月)に11月~3月生まれの学生たちの誕生日会が開催されました。

先回おもてなしをした学生たちが、もてなされる側に。

この日のメインイベントは「たこ焼きパーティ」

みんなのあつーい思いが詰まった美味しいたこ焼きの焼き上がり〜

他にも輪投げゲーム大会などでとても盛り上がりました。

卒業をまじかにした学生たちはクラスメートとの時間をとっても楽しんでいました!

中国料理の最終実習は、なんと伝説の料理に挑戦!

中国料理の最終実習は、なんと伝説の料理、教化鶏(きょうかどり)に挑戦です。

土釜で包んだ鶏一羽をオーブンで焼き、待つこと1時間30分。(伝説はたき火です。)

蓮の大きな葉で包んだのも香辛料?なんとも美味しい鶏の丸焼きが

土釜から飛び出てびっくり!それはそれは深く味わえる鶏料理です。

その間に、今度は繊細な作業!卒業料理作品展で役立つ野菜の飾りきり、

浮き粉で作る花々を製作。

学生達は浮き粉の扱いに手こずっていましたが、

先生の熱〜い指導で無事完成です。出来ました!

ダイナミックな料理と繊細な飾りのコラボです!

フランス地方の新鮮な魚介類を使った伝統の鍋料理 ブイヤベース

新鮮魚貝類を食材とし、香味野菜で煮込む、フランス地方の伝統寄せ鍋料理

ブイヤベースの実習です。

まずフュメドポワッソン(魚のだし)をとり、ホウボウ、蛤、牡蠣、たら、エビを下処理し、

パセリ、セロリなどの香味野菜を使ってブイヤベースを作りました。

同じ材料を使って料理を仕上げても、各班ごとに味が異なり、

素材の旨味を引き出すことの奥深さを学んだ実習でした。

見た目もとてもきれいに、美味しく仕上がり、満面の笑みで試食しました。

装飾姿造りの実習です

6キロの鰤をさばいた経験を生かして!9種類の魚に挑戦。

鯛、鰺、伊勢エビ、赤貝、ホタテ、アワビ…今日は豪華な食材・魚介類をふんだんに使った、

鯛を中心とした姿造り。魚のおろし方、貝のむき方、エビの処理法を学ぶとともに、

お刺身に関しての包丁使いを主に学んだ1日。

「就職先で大型魚をさばくことは少ないかもしれないけど、

小型魚の下処理はすぐにでも任される可能性は大。

学校で経験した実技を職場でも実践できるように、今日は

いろいろな種類の高級食材を選んだ」…と先生の心の声です。

生食すること、鮮度を保つことを意識し、

衛生面に特に気をつけ、さらに盛り付けも美しく。いかがですか?、

葉をかたどった本ワサビと、大根やキュウリで創った飾り切りにもご注目を!

今 話題の『食品の安全と衛生』

『食品の安全と衛生(実習を含む)』の学習も年間150時間(をマスター)。

(指導者は中埜悦子先生。)最新情報をもとに、生き生きとした授業が魅力です。

今日は『食品安全模擬講習会(食中毒予防)』の発表。学生達が先生です。

事前学習の成果が良い結果となりました。

調理工程(仕入れ→保存→下処理→調理→提供)ごとの注意点をしっかりと発表できました!

安全な食品を提供するポイントを確認できましたね。

※参考資料:リーフレット『ご存じですか?HACCP』(厚生労働省)

日本料理特別実習 会席料理のおもてなし

特別実習、日本料理の一年間の集大成として会席料理を先生方に披露する大切な日。

今日は先生方をゲストとしてお招きし、学生たちが今まで学んだ「繊細な和の技法」を

先付・吸い物・お造り・煮物・焼き物・お食事の班に分かれ、効率よく調理をし、表現しました。

今までの授業で習得した、盛り付けや作法など繊細な和を表し、

お品書きや和食用のテーブルセッティングにもこだわりを。

先生方も学生たちも試食会では、一品一品に満足感を味わうことが出来ました。

世界の料理を学ぼう。スペインの代表料理に挑戦!

スペインを代表する、世界的に人気の料理、パエリアとチュロス!を作りました!

「外食で食べることはあるけど…」、両方ともほとんどの学生が調理するのは初めての体験。

一番難しいのはお米の炊き方・炒め方。これさえクリアすれば、

後は新鮮なシーフードが美味しさをぐっと増してくれるはず…。

うーん、なかなかの出来です。見てください、レモンを添えて、飾り付けもばっちりです。

専用のお鍋がなくても、フライパンでも作れることも知り、

家でも挑戦してみよう!との声も聞かれました。

チュロスは何度か経験しないと加減が難しいと学習。

室温等も関係する、生地を作るときの材料の加減や、

揚げ油の温度も微調節が大切。各自おさらいしてみましょうね!

製パン実習 デニッシュは難しい?

難易度レベル5?クラスのデニッシュパン。どんな食感に出来たでしょうか?

食べると最高に美味しいデニッシュ、でもとても手間がかかるパン。

生地を冷やして、バターを入れて伸ばして、また生地を冷やして…。

バターの折り込みが一番大切な作業ですが、層がそろわず、

きれいな形にならないと学生たちの声。

でもここは西武調理師の特徴!少人数クラスの特権!先生が一人一人、

手をとり指導してくださったので、全員なんとか形に。

次の工程、焼き作業もなかなか焦げ目がつかない等苦戦しましたが、ここもなんとかクリア。

美味しそうに焼けましたよ〜。

試食会では甘ーいバターの香りとサクサクという音が響いていました。

大きな魚をさばく技法を学ぶ!

見たこともない、触ったこともない『6キロの鰤(ぶり)』をさばく、に初挑戦!

鰺や鯛は体験しているけれど、ほぼ全員がこんなに大きな魚は初めて!と、

目を丸くしていましたが、さあ挑戦です。

学生の代表が出刃包丁を握り、エラ、内臓を出して、開いて…

鮮度が命、先生の「テキパキとね」の声に後押しされ手際よく?さばいていきます。

悪戦苦闘しながらも、お造り、お寿司、照り焼きとなかなかの仕上がりです。

もうすぐ社会人一年生。就職先で、まかない料理をつくることも想定し、

無駄を出さずに、あら煮やあら汁も同時に実習。

大きな魚はさばくのには力がいる!これがみんなの正直な感想でした!

特別実習 『日本の伝統食文化 おせち料理を学ぶ』

今日は一日かけてのおせちの実習日です。

学生達は朝早くから登校。意気込みが感じられます。

午前中は手間のかかる物から…煮物、数の子、なますなどを、

午後からは錦糸玉子、伊達巻きなど一つ一つ丁寧に手作りします。

日頃の授業で学習したように、品数の多い料理はしっかりと役割分担し、

手際よくこなしていきます。

学生達からは「多くの品数を学べて、充実した一日でした」

「全体的に甘い味付けでしたが保存を利かせるためと聞き、勉強になりました」等の声。

日本の伝統がまたひとつ若者達に受け継がれました。

来年がもっともっと良い年になりますように、と願う実習でした。

フードコーディネイトフェスティバル発表会です!

『フードコーディネイト』『フラワーアレンジメント』『カラーコーディネイト』『ラッピング』等、

授業で習得した技術の集大成を発揮する学生オリジナルの食空間の発表会

『フードコーディネイトフェスティバル』がホテルの大会場にて行われました。

そわそわドキドキ…集合時間よりも早く会場入りする学生達の姿が…。

この日の発表に先駆け、10日前に先生方にアドバイスをもらい、

リハーサルを行った結果、その成果が最大限に発揮された当日となりました。

今まで習得した技術に、さらに各自の個性がプラスされ、

すばらしい作品の出来映えでした。

審査員の先生方からは、感性豊かな雰囲気が表現できているとの評価。やったね!

学生達はこの日に向け、ギリギリまで考案したようで、

当日は自信を持って発表が出来た様子。

学生からは「10日前のリハーサルよりも良い作品が発表出来てとても嬉しく思っています」

とのコメントでした。(^_^)

オリジナルクリスマスリース作りを体験。

フラワーアートの先生からクリスマスリースの作り方を学ぶ授業です。

まずは「もみの木」を本体のリースに巻くところから始めます。

上手く?!巻き付けることが出来た「もみの木」に、今度は思い思いに雪綿や小物を付けて、

リボンを巻いて…。先生に丁寧に指導してもらいながら、自分だけのオリジナルリースが完成です。

いかがでしょう?

その出来映えに学生達も満足顔!

クリスマスも間近!心がワクワクした楽しい時間を過ごしました。

心を込めて!クリスマスケーキ作りました♡、大切な人に食べてもらいたい。

指導して下さる洋菓子のお店を経営しているパテシェの先生の見事な技術に、目を輝かせている学生達。

がんばるぞー!ここからはスポンジからデコレーションまで、個々でクリスマスケーキ作りに挑戦。

いちばん緊張する?!スポンジを焼く際に泡を潰さずに型に投入する作業は全員真剣。

まずまず上手くいきました!

デコレーションは、先生が一人ひとりを丁寧に指導してくださいました。

ご覧ください!写真のような完成度です♡。

ケーキ箱にも各自イラストや装飾を施し、オリジナリティ溢れる工夫がいっぱいです。

後日、学生からのコメントです。「出来上がったケーキを家族にプレゼントし、

技術が向上していることを褒めてもらい、とても嬉しかった!」

…うーん、先生も嬉しいです。

今日もまた、プロフェッショナルになれる自分に一歩一歩近づいている実感を感じたことでしょう。

「Happy Birthday!あなたの誕生日、おめでとう!」

そんな思いで、学生が考案し、主体となって、クラスメイトの「お誕生日おめでとう会」を開催しました。

この会の主旨は「ホスピタリティの心」を学び、クラスメートを「おもてなし」することです。

企画するにあたり、学生たちは会議を開き、総責任者、パーティ会場担当、

司会担当、お祝いのデコレーションケーキ担当など役割を決めました。

当日は校長先生はじめ、先生方も招き、校長先生から記念に一筆書きの贈る言葉と、

あたたかな絵を色紙に書いて一人ひとりにプレゼント!

お祝いを受けた学生達は終始笑顔で、とても嬉しそうでした。

司会役の学生が最後に、西武調理伝統の『がってん節』で締めて終了。

次回2月に行われる「お誕生日おめでとう会」は今回お祝いを受けた学生が祝う側にまわります。

「おもてなし」を体感した学生達がどんなかたちで「ホスピタリティの心」を表現するのか、とても楽しみです。

学生が司会進行!

校長先生が社会に出て役立つ手品を学生達に伝授したり、ビンゴゲームで盛り上がったり…と、とても楽しい一日でした。

12月10日(土)、オープンキャンパス『Xmasパーティー』のご案内です!

12月のオープンキャンパスのご案内です。

もうすぐ12月…そしてXmasもあっという間に近づいてきましたね。

皆様のXmasの予定は?。西武調理師専門学校・新所沢校でも楽しいXmasパーティーを開催します\(^O^)/。

パーティー料理やパンケーキをみんなで作りながら楽しい時間を過ごしてみませんか!

プレゼントも用意してお待ちしております(^_^)。

参加費は無料!お友達を誘って、ぜひぜひお気軽にお申し込みください。

お電話は 入学センター 04-2992-0006までどうぞ。

HPからもお申し込みを受け付けています!

お菓子&製パンのホスピタリティスクール開催!

「お菓子」、「製パン」をもっと深く極めるためのゼミが始まりました。

「レシピ作成」「発注」「当日の準備」「実習終了の片付け」等、

基礎から応用までプロ職人になるためのノウハウをしっかりと学んでいきます。

少人数制のゼミなので、ベテラン先生に気軽に質問ができ、学生達にも真剣に学ぶ意欲が感じられます。

来年1月28日最終日、キャリアアップした学生達の作品を掲載いたしますので、どうぞお楽しみに!

西武調理技能検定1級挑戦に向けて

この日は魚のさばき方の総仕上げと言える『一匹まるごとの鯛のおろし方』の実習です。

鯛の下ごしらえはなかなか手間がかかります。学生達はまずはていねいに鱗取り…、

三枚に下ろして、形よく、きれいに…お刺身のお造りに挑戦。

練習を重ねた大根の桂剥きでツマを作り、三枚におろした鯛のお造りに添えて完成です!

頭も無駄にせず、『鯛のあら煮』も実習しました。

鯛は特に骨の硬い魚、学生達はさばくのに最初は手間取っていましたが、ベテラン先生の指導のもと、

みるみるうちに上達。コツをつかみ、自信をつけた様子。

技能検定への確かな手応えを実感したようです。

さばき方を体で覚えて!              アクも丁寧にすくって…美味しくなーれ!

11月15日(火)、集団給食、いよいよ実習へ

10/25の実習説明から始まり、12/22の調理実習本番に向けて、

調理の授業の一環としての「集団給食」実習が始まっています。

5班に分かれて、「献立作成」「栄養計算」「原価計算」などの「調理マニュアル作成」、

「発注書作成」等、プロの調理師になるために「提供する!」ことを踏まえ、学生達は

真剣に取り組みました。試作、試食を行い…、やはり先生達からは厳しい意見が…。

これも勉強です、先生達の評価を本番に活かすために、試食後、改善策を学生達は真剣に話し合っていました。

味つけは、日々の調理実習で、講師から学んだことを実践できたのでなかなか出来映えでした。自信を持って

提供できるように本番までのプロセスをがんばりましょう!!

むさし野うどんに挑戦!切り方はまだまだ課題だけど、こしのある生地には自信あり!

栄養計算、原価計算を考えて…、味だけ良いだけじゃだめで…美しい盛りつけも考えて…、うーん、奥が深いががんばろう!

予算内でがんばってボリュームは出してみたのですが…。もっと改善して実習本番に臨みます!。12月22日以降の新着情報もぜひ見て下さい!

11月27日(日)、オープンキャンパス情報

秋も一段と深まり、冬の便りも聞こえてまいりました。

朝夕、寒暖の差も厳しくなっておりますのでお体にお気をつけてください。

さて、11月のオープンキャンパスのご案内です。

11/27(日) 10時30分~14時

交通:西武新宿線 新所沢駅 東口 徒歩約2分

粉から作ったお手製パスタ(^^♪

dsc01791

オープンキャンパス参加費は、無料です。

出願時にも参加特典がございます。

保護者の方、ご家族・お友達もどうぞご一緒に、お気軽にお申し込みください。

入学センター 04-2992-0006 

西武調理師専門学校に興味が出た方は、まずは、資料をどうぞ!発送無料です。

オープンキャンパス申し込みもお持ちしています。

 

 

 

 

日本の文化を学ぶ、茶道研修

航空公園内の施設『彩翔亭』にて畳の歩き方、お辞儀の仕方など、
基本的所作を学んだ後、お茶とお菓子を頂き、マナーと作法を学びました。
日本の文化、『茶道』にふれ、はじめは緊張していた学生たちも、
有意義な体験ができたことに満足顔でした。

SONY DSCsaisyoutei3